×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

審美歯科
審美歯科が最近、話題になっています。
審美歯科とは口元をきれいにする歯科診療で、虫歯や歯周病などの病気を治すだけでなく、歯をきれいにしながら治すのが審美歯科です。
きれいな歯並びにすることによって、虫歯、歯周炎、口臭、歯の変色などお口のトラブルを防ぐことができ、また, 美しい口元は笑顔、清潔感、さわやかさをあたえます。
さらに、長い人生一生自分の歯を持つことは大切なことです。
歯並びを直し、健康を取り戻し、歯や歯茎を美しくすることです。
これらは全て審美歯科の治療にはいります。
<スポンサードリンク>

治療期間としては、年齢や症状によって違いますが、やはり1年半前後かかります。
部分的な歯の矯正や、ちょっとした歯の矯正もでき、1本から歯の矯正はできます。
歯列矯正治療は一部の例外をのぞいて健康保険が利きません。
通常は矯正装置料プラス月々の調整料で、トータル80万〜100万前後かかるようです。
また、最近ブームなのが、歯を白くしたい人たちが増加しています。
歯を白くする方法として審美歯科では、歯を削らないホワイトニングと歯に人口材料をかぶせるラミネートなどがあります。
ホワイトニングは薬剤で色を変化させる技術です。
大きな長所は歯を削らないということです。
しかし歯に汚れがついていたり、むし歯や歯周病があると処理できず、ホワイトニングをする為には口中の充分清潔にしておくことが重要です。
また、歯科医で行うオフィスブリーチングと家庭でできるホームブリーチングを、組み合わせると効果を高めます。
ラミネートというのは表面のエナメル質を0.5mm程度削り、セラミックスの薄いシェルを作り、接着剤で貼り付ける方法です。
すき間のある歯や不揃いな歯、欠けた歯を、すばやくきれいに修正することが出来ます。
この他、クラウン歯の全面を削り、セラミックスやハイブリット素材の冠(クラウン)をかぶせ、歯の形、色、機能を再現する治療法もあります。
気になるホワイトニングの料金ですが、歯科医院によって異なりますが、高い場合は数十万円から低い場合は1万円を下まわることもあります。
ホワイトニング費用の決定要因は、歯科医によるところが大きく、基本的に歯科医院の立地、導入機械や設備などに影響されます。


フェイスリフトとは
人に聞けない悩みの中にフェイスリフトとは何だろうというものがあるのではないでしょうか。
若い頃はお肌も細胞も瑞々しく張りがあった方も、年を重ねる毎にしわやたるみが気になってくることと思います。
そのしわやたるみをフェイスリフトという美容整形の中のひとつ手法によって目立たなくさせるアンチエイジング(若返り)を目的としたもの、それがフェイスリフトです。
フェイスリフトとは文字通り顔をリフトアップさせることで、しわやたるみを目立たなくするメソッドですので、一般的な方法としては手術ということになります。
額から顎(あご)にかけて、頬やこめかみなどのシワやたるみの目立ちやすい部分に施術することが多いのですが、切開手術によるリフトアップの方法は、切らない(切開しない)リフトアップ方法であるヒアルロン酸注射、アプトス・ワプトス(フェザーリフト)、サーマクール、フォトRF、ボラリス、タイタン、ハッピーリフトなどよりもフェイスリフト効果が長続きする傾向にあります。
一般的にフェイスリフトの効果は切開によらない療法(プチ整形とも呼ばれている)が数ヶ月から1年程度と言われていますが、切開によるフェイスリフト効果はそれよりも長く持続し、個人差はありますが10年前後と言われています。
また術後にしわやたるみそのものがのが出来にくくなるという特徴があります。
またフェイスリフトだけで充分にしわやたるみがとれにくい場合は、脂肪吸引を併用してフェイスリフト効果を上げることも出来ます。
ただし切開手術による美容整形は、その分身体に与える影響も大きいために術前に充分なカウンセリングを行い、自分の希望するフェイスリフト効果を上げたい部分と程度に合わせてフェイスリフトの方法を選んだり、費用の面などを医師としっかり話しあって、質問などがあれば疑問がなくなるまでしっかりと聞くことが大切になります。


シミ・シワ対策
人に聞けない悩みの中にシミ・シワ対策があるのではないでしょうか。
シミ・シワ対策は女性ならきっと気になることでしょう。
シミ・シワ対策の正しい知識を分かりやすくお届けします。
シミの一番の原因はとっても有名だと思いますが紫外線です。
紫外線は人体に有害な要素を含んでいますので、体はそれから守るために皮膚がメラニン色素を作ります。
このメラニン色素が沈着するとシミになります。
年齢が若いうちは日焼けをして少しくらいメラニン色素が出来て色が黒くなっても、時間が経つとまた元の肌の白さに戻りやすいのですが、何度も何度も日焼けを繰り返したりエイジングによって新陳代謝が低下し、メラニン色素が沈着しやすくなってくるとシミが取れにくくなります。
シミ対策の一番目はUVケア効果のある化粧品を使って紫外線の影響をまず少なくすることです。
さらに肌の新陳代謝を高めておくために、水分を保持しやすい状態にすることです。
そのためにはピーリング洗顔・スクラブ洗顔、シミに効くクリーム(ハイドロキノン入り)、美白化粧品などで保湿することも効果的ですが、より根本的な解決方法であるストレスの軽減や内臓の疲れを取り去ることなども非常に大切なシミ対策と言えます。
また夏の冷房や冬の暖房は肌が乾燥して保湿力を低下させますのでその対策も必要になります。
化粧はそれ自体が肌にストレスを与えますので、化粧をきちんと落とす習慣も身に付けたいものです。
また体をしっかり動かして新陳代謝を活性化させ、深い睡眠を充分にとって心身共に張りのある生活をキープすることもシミ対策としては重要です。
シワ対策もシミ対策と共通する部分が多くあります。
エイジングによる肌の乾燥や顔の筋力の低下により顔全体が下がるとその重みで筋肉の同じ部分に荷重が掛かることや、日常の表情の癖から筋肉が同じ動きをすることでシワが形成されます。
シワ対策とシミ対策に共通する部分はストレスを軽減し、乾燥を避け、水分を十二分に摂ってマッサージやパックなどで肌に潤いと栄養を与えることなどです。
どうしても取れにくいシミ・シワは皮膚科、美容整形外科でのレーザー治療やリフトアップなども併用すると良いでしょう。


人に訊けない悩み

  • 脱毛
  • 薄毛

人に訊けない悩み2

  • 審美歯科
  • フェイスリフトとは
  • シミ・シワ対策

人に訊けない悩み3

  • 二重・目尻・目頭切開手術
  • バストアップ・豊胸手術
  • 鼻の施術

人に訊けない悩み4

  • 脂肪吸引
  • 輪郭・えらの手術

人に訊けない病気

  • ニキビ
  • 水虫

人に訊けない病気2

  • 頻尿
  • 月経前症候群

人に訊けない病気3

  • 性感染症
  • 肌トラブル

人に訊けない病気4

  • ワキガ
  • ED



サイトポリシー



お友達サイトのご紹介

美容関係

 人に訊けない悩み2

 人に訊けない悩み3

 人に訊けない悩み4

 薄毛2

 ソープ・石鹸2

 美容器具6

 美容器具7

 美容器具8

 美容器具9

 美容器具10

 美容器具12

 アロマセラピーのスクール

 全国エステサロン情報局

 エステで美しくきれいにエステで健康になろう

 美容ダイエットドットコム


健康関係

 人に訊けない病気2

 人に訊けない病気3

 人に訊けない病気4

 過活動膀胱2

 特定疾患2

 尿失禁

 尿失禁2

 ガン(がん)3

 ゲルマニウム温浴効果

 オーラソーマ

 歯列矯正ネット


金融関係

 FX2

 FX取引業者2

 FX取引業者3

 FX取引業者4

 くりっく365 その2


保険関係

 医療保険2

 医療保険3

 保険各種2

 保険各種3


住宅・不動産関係

 住宅・不動産5

 住宅・不動産6

 住宅・不動産の資格

 賃貸住宅2


旅行関係

 クルーズ2

 クルーズ3

 赤ちゃん連れ旅行2


SOHO関係

 楽天アフィリエイト6


娯楽・趣味関係

 ゴルフクラブメーカー別最新ゴルフクラブ

 ユネスコ世界遺産紹介ページ


ブランド関係

 ブランドキーケース2

 ブランドキーケース3

 ブランドキーケース4

 人気ファッションブランド2

 人気ファッションブランド3

 人気ファッションブランド4


生活支援関係

 駅とその周辺2

 楽天2

 通信教育

 通信教育2


料理・食べ物関係

 料理レシピ2

 料理教室2

 料理教室3


福祉関係

 地域包括支援センター2


結婚関係

  結婚あれこれ

行事関係

 運動会2

 年賀状のマナー

 年賀状2

 年賀状3

 年賀状4

 年賀状5

 年賀状の海外編

 年賀状6

 年賀状7